明治28年(1895年)山屋創業者の袖山万蔵は愛宕山の宣教師チャペルの別荘でパンの製法を習い軽井沢駅前に信州初となるパン屋を開業しました。国鉄信越本線が開通し、山屋は軽井沢駅構内で「峠のあんぱん」を販売、軽井沢を訪れる多くの外国人や別荘客に愛されておりました。戦時中、いったん販売を中止しておりましたが、このほど当時と同じ製法で酒種を使った「峠のあんぱん」を復活いたしました。皆様にご賞味頂けますと幸いでございます。 山屋 5代目当主 袖山卓也

お知らせ

今年度の販売は見合わせております。

TOPICS

大好評!あんなか祭りにて峠のあんぱんを販売!

あんなか祭りにて 峠のあんぱん完売! 1…  

新登場!揚げたてアツアツ、峠の揚げあんぱん

食べ歩きにオススメ! 峠の揚げあんぱん …  

お歳暮にもオススメ!冬季限定あったかい峠のあんぱん

お歳暮にはギフトセットもオススメ! ホカ…  

お取り扱い店舗
山屋商店(軽井沢駅前北口)
軽井沢キッチンロータリー店
三笠珈琲店・三笠珈琲旧道店
価格
1個270円(税込) 5個セット1,350円(税込)
峠のあんぱんの検査結果はこちら